ソーシャルメディアの概要と既存のメディアとの違い

ソーシャルメディアとは、双方向に情報の伝達が可能な情報発信技術を用いて行われる社会的なツールの事を指します。
既存のメディアとして、テレビや新聞等が挙げられ、メディアとしての定義には情報としての発信力がある事が認識されます。
近年ではインターネットの発達に伴い、電子掲示板、個人が経営するインターネット上のブログやTwitterやFacebookなどのアプリケーションなどが挙げられます。
ソーシャルメディアが持つ強みとして挙げられる点に利用者が多い事があります。
インターネットを通じてテレビの視聴者や新聞の閲覧者だけではなく、インターネット上のツールを利用している人が個人の発言を聞いて、広く早く情報の伝達が可能な事からメディアとしての伝達力は高い物になります。
ソーシャルメディアがメディア全体の信用度としては発信元の信用度にも影響する事が挙げられ、テレビや新聞とソーシャルメディアを比較すると信用性が高いとは決して言えず、伝達能力の高さと信用度で住み分けをしていく事が今後のメディアとしての形であると言われます。